ハウスメーカーがいいの?地元の工務店の方がいい?

ハウスメーカーを利用して建てる

住宅メーカーと呼ばれる会社があり、各社でモデルルームなどを用意しています。その他建売住宅などを建てているので、それぞれのメーカーの物件などの見学ができます。ハウスメーカーでも注文住宅を建てられるので、もし希望があるなら相談をしてみましょう。ハウスメーカーのいいところとして、いろいろな設備や建築例などがある点が挙げられます。全て一から行おうとするとコストがかかるときもありますが、既にハウスメーカーのほうで用意されている設備などを組み合わせると、意外に安く建てられるときもあります。大手メーカーであれば将来的な保証もつけてもらえるかもしれません。一般的には10年保証がありますが、それ以外にメーカー独自の保証がつくときもあります。

地元の工務店は地元の建物に精通

日本には四季があります。地域によって異なりますが、夏は湿気が多くて暑いです。梅雨による雨が多かったり、台風が良く来る地域もあります。冬は乾燥して非常に寒くなります。雪が積もるところもあれば、比較的温暖なところもあります。同じ日本でも地域によってかなり住み心地が変わります。同じ都道府県内でも都市部と郊外や山間部などではかなり環境が変わります。注文住宅を建ててもらうとき、地元の工務店に依頼するといくつかのメリットがあります。地元の工務店は基本的にはその周辺でしか建設をしていません。その地域の風土などに適した住宅づくりに精通しています。寒いところなら寒さや雪に強い構造にしてくれますし、暑いところは風通しなどを考慮してくれます。

足立区の注文住宅を建てる際の平均的な予算としては、もちろんお願いするハウスメーカーにもよりますが、平均して5000万程度です。