何を重視すればいい?店舗デザインの決め方とは

デザインに意味を持たせましょう!

店舗のイメージを決定づけ、評価にも関わってくる店舗デザイン。重要な要素だからと悩み続け、なかなか決まらない事もあります。そんな時は何を重視したいのかを考え、そのデザインに意味を持たせる事を考えてみましょう。

雰囲気重視!見て楽しめる店舗とは

店舗によって呼びたい客層には、女性向け、子供向け、カップル向けなどいくつか種類があります。例えば女性向けの店舗を意識した場合、全体的に華やかな壁紙やかわいい装飾品などが好まれやすいですね。逆に静かなバーのような店舗を考えている場合は、やや暗めな雰囲気が好まれやすくなっています。こういったイメージはどの場合でも当てはまる事ですが、店に入った時に一目で判断できるものが多いです。入った瞬間、このお店は自分が求めている雰囲気に合っている、と客に思わせる事が重要になります。

使いやすさとは?使い勝手の良い店舗

雰囲気が良い店は客が入りやすいですが、それだけでは足りない場合もあります。そんな時は使い勝手を重視した店舗デザインを意識してみましょう。客が使いやすいデザインとしては、例えば移動がしやすい、席が窮屈でない、喫煙・禁煙席がしっかり分けられているなどです。移動のしやすさと席の窮屈さは似ていて、例えばテーブルや椅子を配置しすぎて混雑しやすい、ドリンクバー付近の面積が狭くて使いづらい、などの場合は不満が高まります。こういった場合はそれぞれ余裕を持たせたスペースを確保し、利用しやすい空間を作り出しましょう。

このように、雰囲気や使いやすさなど重視する事によって店舗デザインを変えていくことが可能になります。最終的にはどちらも欲しい要素ですが、まずはどちらかを重視して考え、少しずつ両立できるよう目指しましょう。

内装工事とは部屋の壁などを塗装したりタイルを貼ったり、様々な客のニーズに合わせながら雰囲気をかえる作業のことを言います。