初期費用について知ろう!敷金と礼金とは?

敷金と礼金は典型的な初期費用

賃貸物件を借りるときには初期費用が発生するので気をつけなければなりません。家賃の数カ月分を賃貸契約のときに払わなければならないため、十分に資金を用意しておく必要があります。仲介手数料や前家賃、火災保険料などの様々なものがありますが、しばしば内容がわからずに困るのが敷金と礼金です。敷金は地域によっては保証料と呼ばれることもあります。これは物件のオーナーに対する預け金であり、何か入居者が問題を起こしたときにそこから費用を工面してもらうという仕組みになっているのが一般的です。家賃を滞納したり、原状回復に費用がかかったりした場合が典型的であり、特に何もなかった場合には退居のときに返してもらえます。一方、礼金はオーナーに対するお礼のお金であり、物件を貸してくれることに対して感謝の気持ちを込めて渡すという位置付けです。そのため、敷金とは違って手元に戻ってくることはありません。

敷金礼金ゼロとは何か

敷金と礼金はそれぞれ家賃で数カ月分を払うのが基本になっていますが、物件の中には敷金礼金ゼロというものもあります。これは敷金も礼金もないという形にして初期費用を削減している物件です。入居者を増やす目的で行われているサービスであり、特に入居者獲得競争が激しい地域ではよく行われています。礼金がゼロなのにはメリットしかありませんが、敷金がゼロなのは必ずしも良いとは限りません。うっかり家賃を滞納したときに苦労する可能性もあるのは覚えておきましょう。

札幌市の中でも住宅地が広がる菊水の賃貸は、市街地に比べて手頃です。通勤にも便利で環境も良いので人気があります。