引っ越し準備を始めよう!まずは何から始める?

まずは引っ越しの手段を決めよう

引っ越しをするときにはまず手段を決めるのが大切です。引っ越し業者に依頼して引っ越すのか、自分で車やトラックを用意して引っ越すのかを決めないとその後の手順にも違いが生じます。業者に依頼するなら荷物の量を大まかに見積もり、どの業者に依頼するかを決めて連絡します。見積もりを取って料金と日時を定めるというのが基本的な準備です。一方、自分で運ぶ場合には車の手配をすることになります、自家用車で全部運べるならそれで問題ありませんが、家電などを運ぶときには軽トラック以上の大きさの車が必要になりがちです。レンタカーを手配してどのような段取りで引っ越しをするかを考えましょう。その点で予め荷物の量を大まかに試算しておくことはどちらの場合にも大切です。

必要な手続きを先に進めよう

引っ越しのときには並行して様々な手続きをしなければなりません。準備段階で特に早期に行う必要があるのが賃貸物件の管理会社やオーナーへの連絡です。原則として一ヶ月前までに連絡することになっています。ガスや電気、水道などのライフラインを止める日を決めたり、市役所で転出届を出したり、郵便局で転送を依頼したりすることも必要です。引っ越しの日が近づいてくると慌ただしくなってしまって忘れてしまいがちなので、決まった時点でできるものから順番に手続きを終えていきましょう。いつからいつまで手続きが可能かを予めリストアップしておくと、引っ越しの忙しい最中でも忘れずに手続きをすることが可能です。

バスセンター前の賃貸は、ファッションビルが多いことから、店舗として簡単に借りてオープンすることが可能です。