快適でおしゃれ住まいの第一歩!玄関収納は機能的かつ合理的に

フレキシブルにする!

住まいの入り口となる玄関の雰囲気は、非常に重要です。出かけるとき、帰宅したとき、不快さを感じるような玄関は、快適でおしゃれな住まいとは言えません。そこで考えたいのが、収納面です。玄関に置きたいものは、家族や季節によってさまざまです。家の大きさや家族構成によっても千差万別で、最低限の靴がしまえればいいという人もいれば、アウトドア用品などのための倉庫が必要な人もいます。その家族に合わせることも大切ですが、家族構成は変化していくものですから、ある程度フレキシブルさも必要ですよ。

玄関に置きたいものを把握して

靴に関しては、必要な数量が異なります。ブーツの量や保管してある靴の箱の量も、考慮していくことが大事です。また、レインコートなども含めて上着など衣類は、季節によって必要となる容量が大きく異なるので気をつけましょう。かさは、ぬれた状態で収納しなくていいように、使用後の一時保管の場所を考慮した上で、乾いてから収納できる場所を考えます。アウトドアやスポーツ用品は、種類や大きさ、数量がものによってまったく異なるので、しっかりと事前チェックしておくことが大事です。大型のものなら、玄関におくと一気におしゃれさもなくなりますので、別の保管場所を考えておきましょう。

シューズクローゼットを取り入れる

家族の靴がいつも全部シューズクローゼットにしまわれていたら、玄関は常に片付いた状態を保つことができます。また、シューズクローゼットからそのまま上がれるような配置、動線をつくれば、使い勝手がよく、快適さも増します。家族用の出入りスペースとすれば、ベビーカーなどを利用しているときにも便利ですよ。玄関前も含めて常に片付いた状態になるので、掃除もしやすいでしょう。

ローコスト住宅は材料費や人件費、建築にかかる日数などを可能な限り省いた住宅です。家づくりに対するこだわりが随所に詰まっています。