間取りを重視した暮らしやすい家造りの秘訣とは?

間取りを重視することの重要性

注文住宅を建てようとする場合には、いかに住み始めた後に快適な日常生活を送ることができるかを考えることが重要です。これを考えないまま、建築会社の言われるままに間取りを決めていくと、後で思い描いていた理想の生活と全然違うということにもなりかねません。間取りは後から変更することも不可能ではありませんが、余計な負担が発生したり、追加工事で一時的に外に退避したりしなければならなくなるため、できれば設計段階で満足いくものにしておきたいところです。

理想の間取りの作り方

自分にあった間取りを実現するために必要なことは、まず普段の生活動線を把握することです。そのためには、例えば、今住んでいる家で起きてから寝るまでの間にどのように移動しているかを図面などで見える化してみると言うのも良いでしょう。その上で、移動の際に不便を感じている動線や、逆に便利であると感じている動線を洗い出して、それらを踏まえて間取りを考えることで、より理想に近い家を実現することが可能となるはずです。もっとも、延べ床面積や建築制限の関係で、必ずしも完璧な間取りを実現することができないこともあり得ます。そのような場合には、動線に優先順位を付けて、順位が高いものから間取りに反映させていくといった工夫が必要となります。100パーセント完璧な家造りというのはなかなか簡単にできるものではありませんので、自分なりに希望条件を取捨選択していくのも大切になるというわけです。

3000万の家は、日本で建てられている平均的な注文住宅です。選択肢にそこまでの自由度はないものの、ある程度要望も取り入れられる住宅が建築できる価格帯です。