建ててから後悔しないために!間取りのポイント

間取りで失敗しがちな点

戸建ての注文住宅は間取りの自由度が高く、比較的自由の設計できるのが大きなメリットです。それでも実際に住み始めてみると、意外に住みにくさを感じたりします。注文住宅で失敗しないためには、間取りのポイントをおさえておく必要があります。失敗しやすい点が分かっていれば、後で後悔するような設計にはなりません。間取りで失敗しがちな点として、最も多いのが家事動線の悪さです。例えば浴室と洗濯室が離れていると、家事にとって効率が悪くなります。同様にキッチンと洗濯室が離れていても、具合が悪いものです。

トイレや浴室など水回り

間取りのポイントで、家事動線の次に挙げられるのがトイレです。玄関近くにトイレがある場合、来客の際に家族が使いにくくなります。また寝室の横にあると、深夜に水を流す音で目が覚めたりします。トイレは家族全員が使う場所なので、それぞれの生活パターンを考慮して設置することが肝心です。それは浴室にも当てはまり、水回りの位置には細心の注意を払う必要があります。但し、間取りが制限されることもあるので、優先順位を決めておくことも大事です。

収納スペースとコンセント

水回りと同様に間取りで苦労するのが、収納スペースです。部屋数にこだわると、収納が少なくなります。収納が少ないと、部屋の片付けがやりにくくなるものです。但し、収納はスペースを確保すれば良いものではありません。奥行きが深すぎると、デッドスペースが生まれやすくなります。先ずは収納するものを、予め想定しておくことが大事です。その他、間取りのポイントとしては、コンセントの配置などが挙げられます。それには家電の配置をイメージすることです。一般的に延床の坪数が、コンセントの数になります。

その家庭によって間取りは異なります。快適な生活をおくるためにはとても重要ですから、家を借りるにしても購入するにしても、慎重に検討しましょう。